株式会社ケーイーシーSDGs宣言

当社は国連が提唱する「持続可能な開発目標(SDGs)」に賛同し、積極的な取り組みを通じて持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

2022年4月1日
株式会社ケーイーシー
代表取締役 齋藤 寛

当社のSDGsへの貢献

挑む未来の安心へ

社会インフラの重要な設備や機器の保守などを通じて、社会やお客様が抱える課題を解決することで、未来の安心に挑んでまいります。

[主な取り組み]

  • プラント施設・交通関連設備などの保守・点検・管理による社会インフラ維持への貢献
  • 金融システムなどの大規模サーバー構築、システム導入などによるITインフラ維持への貢献

人を生かし、人を育てる

一人ひとりの得意な分野を生かし、お客様のあらゆるニーズに応えるべく、一切の妥協のない人材育成に注力してまいります。

[主な取り組み]

  • 環境負荷低減のための社屋オール殿下太陽光発電や省エネにつながる設備の積極的な利用生物多様性気候変動に対応するための環境方針の策定
  • ストレスチェック、独自の健康促進制度などを用いた健康経営の実施d演歌

かけがえのない地球のため

健全で、豊かで、かけがえのない地球環境を次の世代を伝えるという責務のもと、環境に調和した企業の創造を目指してまいります。

[主な取り組み]

  • プラント施設・交通関連設備などの保守・点検・管理による社会インフラ維持への貢献
  • 金融システムなどの大規模サーバー構築、システム導入などによるITインフラ維持への貢献

これまでもこれからも地元と共に

これまで共に歩んできた地元に感謝し、これからも地元に密着した活動や、地域発展に繋がる活動を通じ、持続可能な地方社会を築いてまいります。

[主な取り組み]
  • 災害発生時、緊急時における救助初動への協力、避難所の提供、ボランティア登録、備品・資機材の提供などを明記した事業継続計画の策定
  • 地元町内会への参画、及び祭り行事等への寄付活動

SDGsとは

Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略。持続可能な社会を作るために、世界が抱える問題を17の目標と169のターゲットに整理したもの(2015年9月に国連で採択)。2030年までに、政府、企業、地域社会のあらゆる人が、SDGsを実現するための役割を担っている。